mac標準の写真管理ソフト「iPhoto」の実は便利な補正機能

macユーザーの方でiphotoを使っている方も多いかと思いますが、
標準アプリだからと補正機能を侮っているのではないでしょうか。
(私がそうでした・・)

高機能なレタッチソフト(photoshopやLightroomなど)にはやはり敵いませんが
iPhotoだってなかなかの実力を持っています。

ということで、今日はiPhotoの補正機能をご紹介したいと思います。

iPhotoの補正機能

NSApplicationIcon.512x512-75

まず最初に、iPhotoを立ち上げて、
補正したい写真をダブルクリックします。

1.右下にある[編集]をクリックします。
2.上部にあるクイック補正をクリックします。

01

すると、いくつかの補正機能が表示されます。

回転・・・・・・画像を回転します。
補正・・・・・・自動補正を行います。
赤目修正・・・・人物の赤目を修正します。
傾き補正・・・・画像の角度を修正します。
トリミング・・・任意のサイズに切り取ります。
レタッチ・・・・画像の任意の箇所を簡単に修復します。

中でもレタッチ機能はなかなかの優れものです。
試しに早速レタッチ機能を使って、「甘さすっきり」という部分を消してみましょう。

02

ブラシサイズが選べますので、
修復したい箇所のサイズに合わせて調整して下さい。
次に、ブラシを使って修復したい箇所を塗りつぶして下さい。
塗りつぶしが終わったら[完了]ボタンを押します。

03

すると・・・
こんなにキレイに消えました。

04

めちゃくちゃ簡単ですね。
そして仕上りもキレイ。
背景が複雑な箇所はなかなか上手く消せないかもしれませんが、
例えば人物なら、この機能でほくろやシミを消す事が出来ます。

では引き続き、色の補正を行っていきます。
[エフェクト]をクリックします。

予め用意されたエフェクト(色補正)があり、
それぞれ「0〜9」段階でエフェクトをかける事が出来ます。
お好みに合わせて適用させて下さい。

今回は、

・アンティーク 1
・縁をぼかす 2

を適用させてみました。

05

そして最後に、
[調整]をクリックして、
微調整を行っていきます。

ここでは色味やコントラストの調整、
シャープの調整、ノイズ除去などの微調整を行う事ができます。

06

そして完成した画像がこちら↓

07

少しやりすぎた感がありますが、
これからはiPhotoで写真管理のついでに、
写真の補正も同時に行うのもアリだと思います。

以上、iPhotoの実は便利な補正機能についてでした。

節目写真館って?

写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化!
節目写真館はあなたの大切な思い出をデジタル化するスキャンサービスです。
写真スキャン実績1億枚突破!気になる方はこちらをクリック↓
昔の写真アルバムがスッキリ整理できちゃう!!節目写真館。詳しくはこちら

先頭に戻る