アルバム写真のスキャン(デジタル化)方法

DSC01107_2
関連:バラ写真のスキャン(デジタル化)方法【自炊】
関連:マウントポジフィルムもデジタル化しちゃおう!
 

おもいでぎっしりの家族アルバム。

とても大切なものですよね。

 

アルバムを開こうと思っても1冊でもかなり重いですから、

気軽に見るというわけにもいきません。

 

とはいえ、普段はそんなに頻繁に開くものでもありません。

多くても年に1回、綴じたはいいけど数十年間開いたことがないという方もいらっしゃると思います。

「このままずっと置いておくのは邪魔だな・・」と思っている方も多いでしょう。

 

しかし、そのまま捨てるわけにもいかずに長年放置しているような状態ではないでしょうか。

 

節目写真館のお客様には、ただ処分するのではなく

データとして保存しておくことで、心置きなく処分できたという方がかなり大勢いらっしゃいます。

 

中にはご自身でアルバムのスキャン(デジタル化)を行いたいという方もいらっしゃり、相談を受けることがあります。

 

先に結論から言っておきます。

アルバムは自分でスキャンするより、代行業者に依頼するほうが断然お得です。

 

アルバムのデジタル化をご自身で行うためには

A3以上の大きなフラットベッドスキャナー、

またはオーバーヘッド型スキャナと呼ばれるスキャナーが必要です。

 

フラットベッドスキャナー

フラットベッドスキャナーは1枚の読み込み速度が遅く、

1冊のアルバムをスキャンするのに数時間以上かかってしまいます。

 

オーバーヘッド型スキャナー

オーバーヘッド型スキャナーでは上から光を当てて撮影するので、

一般家庭ではどうしてもフィルムが反射して光が入ってしまいます。

 

スキャナーの種類については

参考:スキャナーの種類と方法

に詳しく書いてあるので参考にしてください。

 

では、バラ写真にしてしまえば良いんじゃないかと考えると思いますが、

バラ写真にすると言っても数十年もの間、フィルムと糊付き台紙に挟まれていたお写真が、

すんなり剥がれるとも限りません。

すんなりキレイに剥がれるのであれば、あとはご自身の剥がす手間が必要になるだけですが

その手間も大変な作業に変わりはありません。

バラ写真にしてスキャンする際は下記の記事を参考にしてください。

参考:バラ写真のスキャン(デジタル化)方法【自炊】

 

無理に剥がそうとすると、破れたりシワになったりして大切なお写真を傷めてしまいます。

なので、アルバム写真の場合は剥がそうとして後で後悔するよりも、

剥がさずにデジタル化することが一番良い方法だと思います。

 

しかし、上記でもご説明したとおり大きなフラットベッドスキャナーでスキャンするとなると、

・スキャナー価格が非常に高価

・アルバムのサイズがスキャナーよりもさらに大きい場合がある

・スキャンに膨大な時間と手間がかかる

 

また、オーバーヘッドスキャナーの場合

・フィルムに光が反射する

・自動コントラスト調整を行なうため解像度以上に荒く見える

 

それでもどうしても、「自分でやるんだ」という方には

スキャナーの購入は止めませんが・・

 

そういう理由から、アルバムのスキャン(デジタル化)の場合は特に、

ご自身でスキャンするよりも代行業者に依頼をするのが費用・価格・品質どれを取っても断然お得だと思います。

普通のA3スキャナーで10万円前後、品質に目をつぶったとして、安価なスキャナーであればA3でも1万円代というものもあります。

ただし1冊取り込みに数時間以上はかかりますから、ある程度の覚悟は必要かと思います。

 

このあたりはご自身で納得できる判断をするしかありませんが、節目写真館へのご依頼も、ぜひご検討ください。

節目写真館って?

写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化!
節目写真館はあなたの大切な思い出をデジタル化するスキャンサービスです。
写真スキャン実績1億枚突破!気になる方はこちらをクリック↓
昔の写真アルバムがスッキリ整理できちゃう!!節目写真館。詳しくはこちら

先頭に戻る