ビデオテープにはどんな種類がある?

今や、スマートフォンやデジカメで簡単に動画撮影が出来ますが、
昔のおとうさんたちはテープ式のビデオカメラで子どもの運動会を撮影したものでした。

さて、3月26日に節目写真館三越店がオープンしましたが、
昔を懐かしんでいただこうと思い、展示用にビデオテープやカメラをかき集めました。
せっかくですので、どのような種類のものが世に出回っていたのか紹介いたします。

VHS

VHS
テレビ番組の録画で主に利用されていた方は多いと思います。
レンタルビデオショップも昔は全てVHSでしたね。

ベータ

ベータマックス
VHSよりも少し小型で高画質なメディアでソニーが策定しました。
VHSに負けてしまい、あまり普及することはありませんでした。

8ミリビデオ

8ミリビデオ
ハンディカムなどで録画するためのメディアでした。
より高画質なHi8、デジタル記録に対応したDigital8、次世代規格のminiDVなど、ここから派生していったたくさんの企画があります。

8ミリフィルム

シングル8
フジフィルムの製品は生産終了してしまいましたが、kodak製品はまだ販売しています。
レトロさが受けて、再ブームになりつつあるようです。

16ミリフィルム

16ミリフィルム
主に映画館などの上映や、テレビ撮影などで利用さていました。

もちろん、節目写真館で全てデジタル化出来ます。
ご注文はトップページからどうぞ!

節目写真館って?

写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化!
節目写真館はあなたの大切な思い出をデジタル化するスキャンサービスです。
写真スキャン実績1億枚突破!気になる方はこちらをクリック↓
昔の写真アルバムがスッキリ整理できちゃう!!節目写真館。詳しくはこちら

先頭に戻る