これで納得!画素と解像度とDPI(前編)

いつも節目写真館スタッフブログを
ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

突然ではございますが、あなたは「画素数」「DPI」と
聞いて直ぐにその意味を説明出来ますか?

ご存知の方も、そうでない方も

説明出来る方は復習として、説明出来ない方は
新しい知識として、本記事をご覧頂けますと幸いです。

撮像素子の最小単位が「画素」

デジタルカメラをお持ちの方は、購入を検討する際に
次の様な事を見たり、聞いたりした事があるのではないでしょうか。

  • 「このカメラは少し古い為、400万画素しかありません。」
  • 「この最新のカメラはなんと驚きの1,680万画素です。」

デジタルカメラには撮像素子(さつぞうそし)と呼ばれる
板状のセンサーが入っており、さらにそのセンサーは格子状に細かく区切られ
その1つ1つの区切りを画素と呼び、この総数の事を画素数と言います。

撮像素子と画素

つまり、400万画素のデジタルカメラとは次の様に言い換えられます。
「400万個の画素(区切り)で構成される撮像素子を持つデジタルカメラ」

撮像素子は「光」を「電気信号」に変換する

デジタルカメラでシャッターを切った瞬間、レンズから入った光は
この撮像素子(画素)を通して電気信号、そしてデジタルデータに変換されます。
画素は最小単位になりますので、これ以上細かくデータ化する事が
出来ない事に注意してください。

この画素数は多ければ多い程、多くの情報を残す事が出来る反面、
データ量が増える為ファイルサイズが多くなります。

「画素」=「ピクセル」

一般的にデジタルカメラで撮影されたデータは、JPEGファイル
という形で記録媒体(SDカード、CFカードなど)に保存されますが
画像データの幅と高さを表す単位には画素ではなくピクセルを用います。

例えば、幅と高さがそれぞれ1,500ピクセル、1,000ピクセルの
JPEGファイル、という様な表現となります。

ちなみに、100万画素の事を特にメガピクセルと呼びます。
「メガピクセル」は「メガ」と「ピクセル」を合わせた言葉で「メガ」とは
「10の6乗」つまり「100万」を表し、先程の例を言い換えると次の様になります。

  • 「400万画素の場合は、4 ✕ 100万画素 = 4メガピクセル」
  • 「1,680万画素の場合は、16.8 ✕ 100万画素 = 16.8メガピクセル」

スキャナも仕組みはほぼ同じ

スキャナも、デジタルカメラと同様に撮像素子を持っており
ここに光を通す事で、デジタルデータが生成されます。

只、デジタルカメラの性能比較には「画素」という言葉が使われていましたが
スキャナの場合は「読み取り解像度」という言葉が良く使われます。

「読み取り解像度」や「解像度」は「DPI」と深く関係する言葉ですが
これらについては、次回の後編でご紹介いたします。

理解度チェック!

最後に、ここまでお読み頂いたい方々にテストです!

問題

節目写真館でネガフィルム・プロスキャンを依頼した場合
納品される画像のサイズは、およそ横3,000ピクセル✕縦2,000ピクセルとなります。
この時の画素数はいくつになるでしょうか?

ヒントは、画素=ピクセル、画素数=ピクセル数です。
答えは、次回の後編でお伝えいたします。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

今後とも節目写真館を、何卒宜しくお願いいたします。

節目写真館って?

写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化!
節目写真館はあなたの大切な思い出をデジタル化するスキャンサービスです。
写真スキャン実績1億枚突破!気になる方はこちらをクリック↓
昔の写真アルバムがスッキリ整理できちゃう!!節目写真館。詳しくはこちら

先頭に戻る