写真の整理がなかなか進まない・・そんなお悩み解消します!節目流・写真の整理術

いざ、「デジタル化しよう!」と思っても、

写真の整理でつまづいてしまう方がとても多いみたいで、

整理の方法がわからない、というご相談を毎日の様に戴いております。

 

今回は、写真の整理方法の一例をご紹介いたします。

とても簡単に整理できますのでぜひお試しください。

 

写真の整理と一言で言っても、人によって写真の量も種類もまちまちですが、

まずは写真を仕分けるところからスタートです。

 

 

 1.必要な写真と不要な写真をわける

IMG_7342

 

アルバムやポケットアルバムは中から出さずにアルバム単位で管理してください。

また、迷ったら「必要な写真」の中に入れましょう。

参考:「いらない」写真、「いる」写真の見分け方Part1

 

 

2.ざっくりと時系列に並べ替える

IMG_7336 _2

メモやタイトルなどが付いていれば簡単なのですが、

数十年も昔の写真を完全な年代で把握している方は少ないとおもいます。

「1950年代」「1960年代」「1970年代」・・・

といった具合に10年単位でも構いませんし、1年単位でも構いません。

ご自身が把握している単位でざっくり並べ替えてください。

1枚1枚の順番を並べていたら時間がいくらあってもおそらく足りないでしょう。

 

また、このとき注意して欲しいのが、

人物別やイベント別には分類しないことです。

時系列?人物別?イベント別?写真の分け方はどれが最適なんだろう?にも書きましたが、

 

写真の整理をやっているとどうしても、

「お父さん」「お母さん」「長女」「長男」・・

の様に人物別で分類したくなってしまいます。

写真には「お父さんとお母さんが写っている写真」や「家族全員が写っている写真」など

必ずしも一人で写っているわけではありませんよね。

組み合わせごとに仕分けていたら膨大な組み合わせが出来てしまいます。

 

なので、人物別には分類せずに時系列(年代別)に絞って並べていくことをおすすめします。

IMG_7340

 

ざっくりと時系列に並べ替えたら次にやることは、

『同じ時期に撮ったと思われる写真同士をまとめる』

ということです。

 

 

3.同じ時期に撮ったと思われる写真同士をまとめる

 

このとき、さらに細かい時系列の前後関係がわかったら

まとまりごとに前後の並べ替えをしても構いません。(しなくても構いません。)

明らかに同日に撮ったものはそれで順番に並べれば良いですが

大切なのは写真の中での時間の流れよりも

その写真に収まった一瞬は、そのとき誰がどこで何をしているかということではないでしょうか。

その一瞬に想いを馳せて懐かしむことこそ、醍醐味だとおもいます。

 

ですので、同じくらいの時期に撮ったという事がわかれば

1、2ヶ月分や季節ごとの写真がひとまとまりになっていても違和感はないはずです。

それに、その時の整理に納得いかなければデータにしてから並び替える事もできます。

 

ここまで来ればあと一息です。

 

 

4.まとまりごとに梱包する

分類したお写真ごとに1,2,3,4,5….という通し番号(シールなど)をつけます。

アルバムの表紙に直接貼っていただいても構いませんが、

バラ写真やネガフィルムなどはまとまりごとに袋に入れるなどで、バラバラにならないようにまとめてください。

※袋の中のデジタル化順番は表を向いている方を上として、上から順に行います。

 

まとめたお写真はご自身でご用意いただいた段ボールか、発送キット(往復送料込み2,000円)に入れてください。

 

・・・お疲れさまでした!

これで写真の整理は完了です。

 

 

 

5.まとめ

 

1.必要な写真と不要な写真を分けます

2.ざっくりと時系列に並べる

3.同じ時期に撮った写真をまとめる

4.梱包する

 

あくまで一例ですから、ご自身独自の分け方にどんどんアレンジしちゃっても構いません!

ただし、欲張りすぎないということは重要です。

 

そもそも時系列になっていなくてもアルバム単位などでフォルダに分かれますから

分類せずに節目写真館にお送りいただいても、デジタル化した時点で大体の整理が完了してしまいます。

順番の整理を先にやるか、後でやるかの違いというだけですね。

 

簡単にできる整理、とは言っても

かさばる紙焼き写真のままの整理は結構骨が折れます。

やり始めたはいいけどやっぱりまとまらない・・なんて困った時は一度節目写真館にご相談くださいね!