節目写真館スタッフブログ

ネガフィルムをデジタル化しておけばこんな時に楽チンです!

ネガフィルムをデジタル化しておけばこんな時に楽チンです!

長年にわたり愛用されているネガフィルムは、現在でも
レトロカメラブームなどを通して活躍し続けています。

しかし現像後の保管にあたっては、場所をとる、何が写っているか
分からなくなった、劣化してしまったといった悩みがつきものです。

ネガフィルムをデジタルデータ化しておけば、
保管も写真加工も楽々とできます。

年賀状写真の選定からプリントまで少しでも手間を省こう!

ネガフィルムをデジタル化するメリットのひとつは、
写っている内容を把握しやすいことです。

データはDVDなどの記憶媒体に収められ、パソコンで簡単に閲覧が
可能なため、大量の写真の中から簡単に魅力的な1枚を選べます。

年賀状の場合は、目を引くデザインにもこだわりたいもの。

パソコン上で表示した写真データをそのまま年賀状作成ソフトに
取り込めるため、文字やイラストを入れるなどの写真加工も気軽にできます。

そのまま印刷指示をかければ、あっという間に年賀状ができ、
慌ただしい年末の負担を軽減できます。

同窓会の幹事になった!お知らせに使う写真を選ぶのもラクラク

同窓会のお知らせに昔懐かしい写真を使えば、きっと楽しみが増すでしょう。

ネガフィルムをデジタル化するメリットの
もうひとつは、写真補正が簡単にできることです。

ネガフィルムは時間の経過とともに劣化していき、色合いが
変わってしまったり傷やホコリがついてしまったりすることが往々にしてあります。

デジタル化することで、当時のままの色合いに戻したり、
より見やすくしたりすることが可能です。

鮮やかな写真を使ったお知らせは、きっと皆の思い出を鮮明に
蘇らせてくれるでしょう。なおクラウドサービスを利用して
写真データをクラスメイトと共有できる点も魅力です。

自分で作るにも業者に頼むにもネガフィルムのデジタル化が必須

撮った写真をハガキなどの他の媒体に利用したい場合、一旦
写真データをパソコン上に取り込む形式が主流になっています。

年賀状や案内状印刷の業者に依頼する場合でも、データでのやりとりが
中心になります。したがって自分で作成するにも業者に依頼するにも、
ネガフィルムのデジタル化は欠かせないプロセスとなっているのです。

ネガフィルムが大量だったり、経年劣化していたり、ブローニーや
大判などサイズがさまざまであったりする場合、自力でスキャンデータ化
するのはなかなか大変です。

プロのフィルムスキャンサービスに頼めば、一括でデジタル化が
できるだけでなく、プロならではの高解像度・高品質が実現します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加